[TENGA FLIP HOLE フリップホール] 感想

先週、留学先でも自慰行為ができるようにとTENGA FLIP HOLE フリップホールをいただきました。
無意識のうちに筋肉トレーニングを遂行できる一品として紹介させていただきます。

従来のTENGAと大きく違うのは その太さと圧倒的重量感。

TENGAを使用している方々の中には 片手にオカズ もう片方の手で動かす というような自慰スタイルの方がいると思います。
私もその中の一人です。

始めのうちは上記のように従来のTENGAと同じような使い方を試みましたがソレはダンベルのように重く、片手で上下に素早く動かすのは困難でした。
その結果は散々で、初めのうちは全く気持ちよくありませんでした。

重さ故に 「もしかして固定して使うものなのでは?」と考えたこともありましたが固定するような部品はありません。

それからというもの快感を求め毎日狂ったように右手を動かし続けました。
本来の目的を達成できるその日のために、ひたすら右手を振るい続ける日々は一週間ほど続きます。

そうしてやっと本来求めていた快感にいきつくことができました。

気が付けば衰えていた握力は50kgを超えるまで回復し、10kgのダンベルも軽々と持ち上げられるほど筋力は上がっていました。
私は初めて日頃の生活によって腕の筋肉が衰えていることに気が付いたのです。

到底続けられない辛い筋肉トレーニングを無意識に続けることができる素晴らしい一品でした。

1 Trackback / Pingback

  1. ホームステイ先での自慰行為について – たまもろぐ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.