語学留学 2ヶ月経過

2016年 9月11日(執筆日)
8月26日 語学留学にきてから2ヶ月が経過しました。
もうそれから10日以上経過してしまっているのですが、今までのまとめをば

・英語力
来た当時とは雲泥の差。
日常的なコミュニケーションは可能。
ボキャブラリーの少なさに絶望するが、簡単な文章はスラスラ出せる
英語によって英語の習得が可能。

一ヶ月の時点ではCan I have ~ や Do you ~ といった生活に必要で基礎的な文章だけでしたが、
二ヶ月(厳密には2ヶ月半ですが)もすると文章は I’m gonna(going to) といった予定を伝えるための文章や
I wanna(want to) 自分のしたいことを伝えたり、それの応用でwhat do you whant to doといった質問を作ったり、
I don’t know what difference between ~~~ といった簡単な文章はスラスラと出せるようになりました。

自分出せるようになってくるとそれに伴い聞き取り力は上がってきました。
一対一であればギリギリですが日本語に訳すことなく理解できます。といっても来た当時と比べての感想なのでまだまだ聞き取れないことも多いです。
相手が子供であれば簡単にコミュニケーションを取れているような気がします。

あと日本人が苦手だとされる L と R の発音が変だと子供によく言われてます。
R はいいけどL が違うと。
直そうとして教えてもらうのですが 違う違う(笑)と笑われてしまいます。
伝わればいいと思ってはいるのですが、この頃発音が気になっています。

結果的にこちらに来てから確実に英語は喋れるようになってきているのですが、まだまだ自分の力不足を実感します。
特に英単語のボキャブラリーの少なさが痛い。

英語が伸び始めたのはこっちに来てから1ヶ月して積極的に喋るようになってからなので、
もっと最初から積極的にコミュニケーション取れば良かったと思っています。
外国人が 日本人はあまりコミュニケーションを取りたがらない と思っているのは恐らくこういった事と関係があるのだと思います。
例え英語がわからなくてもわかる単語わからなきゃジェスチャーをしてでも積極的にコミュニケーションを取ること。

余談ですが、二ヶ月でホームステイ先を変えた結果大変恵まれた家を引き快適な生活を送っています。
また、前のホームステイ先の方は何言ってるかイマイチ理解出来なかったのですが
新しい方々の言ってることのほうがまだまだ理解できるため学校以外でもコミュニケーションが取れるようになりました。
変わってから11日間しか経っていませんがそこからの上達具合が今までの比ではないのでやはりコミュニケーションは大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.