au スマホ交換サービスで不良品が3回送られてきた

ここではスマホが破損しau スマホ交換サービスを利用し不良品が3回送られてきたこと、
それまでの過程と現在の状況を詳しくお話したいと思います。
あとついでに2回fateGOのデータ消えたからその話も。

4月21日

2年ほど使用していた HTL21 の画面を割ってしまいAuショップに訪れました。
そこで紹介されたのが 交換用携帯電話機お届けサービス というもの。

私の環境では au契約が25カ月以上 ということで 2000円 で端末を交換できるというような案内を受けました。
「ほぼ新品同様の端末が二日以内に届く」というような話を聞いていたので代替え機は借りずに待つことに。

4月22日

申し込みから1日後に HTL21 と同種のものが送られてきました。
わずか1日と素早い対応で大変ありがたいと思いました。
そしてこちらは 同封されてきた封筒に破損した端末を入れてポストに入れるだけ ととても簡単なもの。

しかし大変なのはここからでした。
送られてきた端末のSIMカードを入れ直し起動を確認し外出したところで一回目の不具合に気が付きました。

「ディスプレイの上から1/3が反応しない」

そんなまさかと思い、いろいろと試してみましたがやはり反応しない。
auに問い合わせてみたところ バージョンの確認、起動しているアプリケーションの確認をすべて行った後に
「一度再起動を試してください」というような指示がありました。
外出先で当然その端末からかけていたので再起動してしまうと通話が一度途切れてしまいます。
なのでこちらから「再起動しますが、他にこちらで試すことはありますか?」と確認した上で再起動しました。

ここで「再起動しますが、他にこちらで試すことはありますか?」と確認したのは
こちらから問い合わせる際は毎回、「症状、電話番号、指名、住所、生年月日、端末」 を確認されるため、
その度に時間と手間がかかるからです。

再起動しても症状が改善されることがなく再度問い合わせました。
するとここで「強制再起動はお試しになりましたか?」と。
んなことこっちは知らないし、前回聞いたんだから最初に言ってくれ といった本音は堪え、
「今度こそ他にこちらで試すことはありませんか?」と尋ねました。
すると「強制再起動されても症状が改善されない場合は再度お問い合わせください」といったような回答を得たので強制再起動を試みました。

強制再起動は 電源ボタンを15秒(だったかな)ほど長押しすると強制再起動される といったもの。
(強制再起動と再起動はなんか違うのか?)

強制再起動を行っても症状が改善されず、(どう考えても不良品だしそろそろ案内があるのかな?)と思いつつ再度問い合わせました。
すると今度は「セーフモードをお試しいただいて症状の改善が見られないようであれば不良品なのでまた再度お問い合わせください」と。
(いやいや また再起動すんのかよ てかそれ先に言えよ) なんて文句を垂れてもしょうがないのでセーフモードで確認。

電源ボタンを押してでてきた「電源を切る」を長押しすると出てくるモード。

セーフモードで起動しても改善されなかったため再度問い合わせたところ、“不良品だった”ということで交換することになりました。

この後何度も何度も「症状、電話番号、指名、住所、生年月日、端末」 を伝えて問い合わせる作業が続くことになります。

4月23日

2回目の端末が送られてきました。
こちらは直ぐに症状に気が付きました。

「充電できない。」
厳密には接触が悪くまともに充電ができないような状態。

他の端末でもテストして充電器の確認を行ったうえで問い合わせたところ不良品ということで再度交換することに。

4月24日

24だったか25だったか記憶は定かではありませんが、3台目の携帯が届きました。
3台目の交換品は特に目立ったような障害はなくしばらの間使っておりました。

4月29日

夕方から夜にかけ、3台目の電源が切れ電源もつかないような状態になってしまいました。
この時充電ランプが点灯していたのを覚えています。

しばらく充電しつつ放置してから電源を付けてみると 電源が付きホーム画面に移動しないまま再起動 を繰り返すように。
ある時を最後に起動しなくなってしまいました。

問い合わせたところ 1時間充電する といったような案内を受けましたがどれも効果はなく。
結局 不良品 ということで話が進みます。

「送られてきた端末が3回すべて不良品だったということ」を問いただすと修理を提案されました。
この時「お客様はもうお取替えサービスを信用できないと思うので….」というように薦められましたが 3回まで と決まっているのを後で別の担当から聞きました。

修理ということで話を進めていくと「修理代金が発生する可能性があるのでご了承ください」というような説明を受けます。
なにふざけたこと言ってるんだ。何故不良品を送り付けられた上に修理代金まで取られなきゃいけない
そんなの了承できるわけも無いので突きに突いて 「ポイントやら何らかの形でお返しする」という返答をいただきました。

ただし修理には2週間ほど時間がかかると言われたので後日無料で代替え機を出してもらうことに。
現在は代替え機を使用しつつ修理の報告待ちをしている状態です。
5/22 更新
えー本日 5月22日修理が終わったということで帰ってきました。
聞くところ “原因は基盤破損であった” ということ(なんじゃそりゃ
いや不良品交換で届いたものの基盤が壊れてたってどゆことなの。

今のところ返ってきたHTL21は正常に使用できています。
また、今回も充電の際接触が悪いですが、ケーブルを変えてみたところ正常に充電できたので問題ありません。
他の端末ではそのケーブルで問題なく充電可能なのでやはり端末に問題があると思いますが。

結果的に「au交換用携帯電話機お届けサービスでは基盤が壊れたものを送ってくる」ということ。
恐らく今であればSIMフリーのiPhoneなりを別のところで買ってそっちでサポート受けたほうがいいんじゃないですかね

1 Trackback / Pingback

  1. fateGO Zeroイベント アイリスフィール入手まで – たまもろぐ。

Leave a Reply

あなたのメールアドレスは公開されません。