オーバーロード13巻 + アニメ2期 円盤 第一弾 感想

ブログではお久しぶりです。こーたです。
普段面白いことや趣味に関する報告も全てツイッターで済ませてしまう為、更新頻度は低いブログとなっております。

ツイッターは手頃でいいよね。手頃なブログ感覚。

発売から一週間はネタバレもあるので自粛してました。
まぁ別に予め警告しておけば良いかなって気もしますけど。

まずは先週買ったオーバーロード2 BD第一弾の話。
先週オーバーロード13巻購入と同時に予約していた円盤も回収してきました。
自分はゲーマーズで全巻予約しているので全巻揃った段階でタペストリーが貰えるそう。楽しみ
一巻購入時に付いてきたポストカードは画像の通りなんですが、ランダムなんですかね。
イビルアイが可愛い。


あとBD裏のイビルアイがヤバすぎる可愛い。

BDの内容ですがアニメ4話までの内容が収録(たしか)
リザードマン編が丸々収まった形となっており、上手くまとまっているかと。
ドラマCDは本編に関わってくるものの小説でもアニメでも語られていないナザリックの日常を描いた話となっており満足度が高い。
最高。

円盤の修正点とかは特に比較してないのでわかりません。
ちょくちょく変わってるなって箇所がある程度

早くもアニメ3期が決定し期待が高まるオーバーロードをよろしくおねがいします。

ここから先は13巻ネタバレを含む感想となっております。

さて、オーバーロード13巻発売しました!
12巻発売してから半年ずっとネイアが死ぬかヒヤヒヤしながら12巻ループしていました。

結論から言いますと、バラハ嬢死ななくてよかったあああああああああああああああ!!!死んだけど!!!!です。

12巻のラストで「適当に間引け」というアインズの言葉によって死亡フラグかと思われていたバラハ嬢でしたが、
死亡した後に復活。そこからアインズ教の教祖となって再復活。
アインズより様々なマジックアイテムが与えられるという破格の待遇を受けました。

魔導王死亡後はシズ・デルタと行動を共にし、同じ信仰者として意気投合。
シズにとってもバラハ嬢にとっても友人と呼べる関係にまで。
出会って直ぐにバラハ嬢に1円シール貼るくらいだし凄い

ナザリック勢初の外部の友人にアインズ様もほっこり。読んでいた俺もほっこり。

12巻、13巻通してバラハ嬢が主軸で物語が進行し、13巻はシズが加わった感じ。
今まで活躍の少なかったプレアデスがこういった場面で活躍するのは嬉しかったです。

そして別の場面でも友人が出来た方がいます。
ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス
13巻で恐らく初めて属国となった帝国が描かれていました。

13巻のラストではカスポンドがドッペルであることがわかり12巻の伏線は回収。
アインズ・ウール・ゴウン死す!はいい意味で予想通りでしたね。

12巻に続き下巻ということで聖王国編はこれにておしまい。

残念ながら次巻予告で2018年中に発売しないことが確定してしまいましたが、
7月にはオーバーロード3期がやるということで楽しみに待ちましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

あなたのメールアドレスは公開されません。